chica の サクランボ印。


by cerise_de_vie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

弾丸ツアーinソウル。



6月末に、妹と行ったソウルツアー、4日間なのに予定パンクのハードスケジュール。
前回の訪韓のテーマは「アート」に対して、今回は「ヒト」。妹の行きたいところへ行き、ワタシの今会いたい人だけに会う―「ヒト」を通して見えたソウル、友人、そして妹。

この4日間のワタシの結論、「空気の読めるピュアな妹」「反日」「未だ戦争中」「パワフルな国」そして最終日に起きた「パク・ヨハンの悲しき自殺」。

c0162938_231838100.jpg妹のハナシは心にしまうとして、「やっぱりヒトだ!」と感動した一握りのピーナッツストーリー。友人の案内で韓屋のエリアを散策中に出遭った老夫婦としばらく一緒に歩きながら、最後にもらったピーナッツ。とっても感激してしまって、妹の手と一緒に撮った写真。これを見るととてもほっこりとした気持ちになる。

しかしその翌日、W杯の日本戦を居酒屋で見てしまった。決してサッカー狂ではないワタシ。結果以上に、周りの韓国人の反応に、応援の仕方に、涙が出そうになってしまった。これにはさすがの友人も、フォローせざるを得ない雰囲気。この反日感情が、この国の大多数の感覚であるのなら、本当に入り込むのは難しい事。その反面、私の友人たちはとても普通に接してくれる事を考えると、なんてラッキーなのだろうワタシ、なんていい人たちばかりなのだろうとも感じた。もしワタシが逆の立場だったら、友人達と同じ様に接する事はできるのだろうか!?なんて考えてみたり。

c0162938_23243212.jpg別の日、街中を流れる小川沿いを歩いた。きらびやかにライトアップされたそこは、水もとてもキレイで、語らうカップルの横で、本気で足を洗っている老人もいて、おのおのに楽しんでいる雰囲気がとても微笑ましかった。その後ろに忽然と立ち並ぶ兵士マネキン、手にはデジタル画面を持っている。どうやら北朝鮮と戦争を始めて60周年という事で、記念祭?というのか、忘れないための行事が行われていた。

c0162938_23222870.jpgその画面には、当時、韓国をサポートしてくれた国々の情報などが表示されているらしい。"we are still in the war between south korea and north.”という友人の説明と、目の前の光景とのギャップがありすぎて、一瞬、時間が止まった気がした。見た目も殆ど変わらず、韓流ブームの日本では、こんな差、こんな現実、感じる事なんて稀。確かにココは、異国なのだと教えてくれたマネキンたち。

そして最終日の夜、友人のバイイングを見学させてもらった。とにかく眠らない街。夜中開くデパート、そこと差別化するために明け方開くデパート。前には大型バスが何台も乗り付けてある。山積みの服の間から顔を出す店主に、その隙間に寝転がる人、細い通路をサンタクロース並みに大きなビニール袋を担いで行き来するバイヤーに、ここはインドか!?と突っ込みたくなる様な、トレイを頭の上に乗せて出前しているエプロン姿のおば様たち。、信じられない程ぐっちゃぐちゃ、普通に歩けない状態。これを、毎日繰り返しているのかと思うと、本当にパワフルな国。一生懸命で、まっすぐで、がむしゃらな国であり、このパワーを見ていると、日本もいつか(?すでに!?)抜かれてしまうだろうと容易に想像できた。

帰ホテル後、ネットを見た妹からパク・ヨハンの自殺のニュースを知らされた。特に好きではなかったけれども、日本で良く見かけていた彼の自殺は予想以上に衝撃的だった。しかも自分の訪れている時、何キロか先の場所で、そんな事をしていたとは。。親日家であった彼の自殺と、この4日間で感じた事が、どこかリンクしているような、勝手にそんな気もしたりして。

ワタシの見たヘビが、カレの元へも幸せを分けていますように。。。と本当に思う。
[PR]
# by cerise_de_vie | 2010-07-13 02:20 | タビ。

ヘビからの贈り物④

ワタシは、facebook ユーザー。
昨晩、なんと10年以上ご無沙汰していたホストファミリーとチャットで再会。本当にビックリ!

ミクシーのシステムが好きになれず流れで始めたfacebook。
今までで一番、好きになった出来事だった。

いろいろ話した。
あの時ちびっ子だった子供達は大きくなり、離婚したお父さんのマイクは、
末期のガンに侵されているとの事。

ホストファミリーと初めて会う日、一番早く来て、私を迎えに来てくれたマイク。
ロン毛で、ファンキーで、仕事で使っているものすごい長くて、大きなトラックを
自宅の前まで乗り付けて見せてくれたおちゃめな人。
そんな元気な姿しか残っていないマイクは、もうご飯を食べる事ができず、
チューブで栄養をとっている状況らしい。

ジンセイ、何が起こるかわからない。
長いようで短いのか、短いようだけど長いのかもしれない。
ワタシは三十路になり、ちびっ子も思春期に入り、Time is flying だと痛感。

そんな中、勢いが衰えていないホストマザーのキャシー。
「こっちに遊びにきな!そして一緒に彼氏を見つけよう!!」って。

Yes ! That's exactlly my host mother Kathy !

金曜の夜にドレスアップして、クラブにつれてってもらって、
何かわららない酒を、ショットグラスで飲みまくって、
翌日、2人で二日酔いに苦しんだ思い出がよみがえった。

また会いたい人が増えた。ありがとう、あのときのヘビ!
[PR]
# by cerise_de_vie | 2010-06-20 11:51 | ツブヤキ。

ヘビからの贈り物③

突然、韓国へ行く事になった。

妹の「旅行月間」である今月、彼女からの突然のオファー。

来月から、ようやく「ニート」から「パラサイトシングル」へプチ昇格する立場の私は、
海外旅行なんて行くパワーもチャンスもなかったので、
ラッキーとしか言いようのないタイミング!ありがとうあのときのヘビ!

しかも、全ての友人達がその時期韓国に集結しているのだ。
日本にきている友人も、ロンドンの友人も、みーんな戻ってきている。
今回は日本語を話せる友人もいて、英語の話せない妹には最高なタイミング。
本当にラッキーだ!あとは、ヘビからもらった晴れオンナパワーが試されるのみ。

そして、上海万博へのフリーチケットのオファーまで舞い込んできた。
スケジュールが合わず延期になったけれども、このタイミングってなんかスゴイ。
ヘビは、何を意味しているのだろう!?なんて考えてみたり。

とにかく今、私の人生は新たに廻りだそうとしている。

ジンセイは選択の連続。
正しい選択ができるように準備をしなければ。。。と、珍しく現実的な私。
仕事を選び終えた今、次にくる選択は何なんだろうか。

でも難しく考えず、川の流れに身を任せてみるか!?
今を精一杯過ごす事が、未来に繋がっていくのでしょう。

がんばれワタシ!ジンセイはきっと短いのだから。
[PR]
# by cerise_de_vie | 2010-06-20 11:17 | ツブヤキ。

ヘビからの贈り物②

フリマデビューの日、天気予報では大雨だった。

「私のデビューは、雨で流れるのかぁ」と半ばあきらめた朝5時。
友人から「小雨だからやるよ~」と連絡が来た朝7時、
そしてピーカンに晴れた昼11時!私は晴れオンナになったかも!?

翌日もオーナーに誘われていった始めての那須。
最高にいい天気で、往復6時間のドライブも、青空見ているだけで嬉しかった。
やっぱり晴れオンナになったらしい!

那須ではもっとステキな事があった。

益子にあるおしゃれカフェ&ギャラリーに立ち寄り、田舎の中に突然在る洗練された建物に、
すこぶるセンスのいい雑貨や陶器たちが並び、自分はそのアイテムを使うには
ふさわしくないなぁと感じてしまった。 
ガラスを背面にしたオープンシェルフに並べられた質の良さそうなリネンのシャツたち。
外に広がる緑の木々がガラスを通してシャツたちをとてもステキに演出していた。

次に黒磯にあるカフェへ。
オーナーの知人が展示会をするので、便乗して黒磯デビュー。
かつてはきっと栄えていたであろう町並み。商店はたくさんあるものの、
シャッターがしまっていたり、消して活気があるとはいえない街。

そこにポコポコと、洒落た店やギャラリー、カフェが点在していた。
以前から気になっていた町、そしてカリスマカフェ。
店内は、何もコトバが出ないくらいステキな世界感を持った内装。
細部にまでこだわり抜かれて、さりげなく並んでいる小物たち。

そんなおしゃれカフェで働いているスタッフは、
訛のある、素朴で、たんぽぽの様な人たち。やさいい笑顔で迎えてくれた。
ケーキが来るまで店内を探索していると、1階にロビーの様な空間を発見。
「ここは休憩室で、散歩している人たちが休んでったりするんだよ。」と、
これまたやさしい笑顔のおじ様が話しかけてくれた。その方がオーナーだった。

カフェを夢見る人たちのカリスマである彼は、とても軟らかい人で、
スタッフに突っ込まれながら楽しそうに働いていた。
彼のネームバリューに便乗して、カフェの周りには店がポコポコ集まり始めている。
中には完全パクリなネーミングの店もあったけれども、
「こうやって街が元気になっていければいいと思って。」と、とっても寛大。

そのカフェは、本当に美味しいものをサーブしてくれるし、本当にセンスのいい空間なのだけれども、何よりもオシャレなのにとても和む空間を作り出しているスタッフと、そのスタッフを選んだオーナーの人柄が、間違いなく人々の心を掴んでいるんだなぁと思った。

人って、とても大切。ココロって、とっても大切。
笑顔のチカラって、本当に大きい。
ちょっとした一言って、とっても人のココロを動かすものなのだ。
接客においても、きっと恋愛においても。
[PR]
# by cerise_de_vie | 2010-06-20 10:49 | ツブヤキ。

ヘビからの贈り物①

c0162938_224324.jpg
先週の帰り道でヘビにあった。
コンクリートで舗装された道のど真ん中を、にょろにょろと駅の方向へ。

ケータイを見ながら歩いていたので、あと半歩横を歩いていたら、
完全に踏んでいた距離で、でも全然自分も驚く事無くそばを通り過ぎ、
後姿を見ながら、安否を気遣う余裕まで・・・私、神経太くなったなぁと思う。

ヘビを見ると、いい事が起こるって迷信に期待しながら過ごしたこの10日間。
信じるものは救われるのか、本当にプチ幸せ満載だった。
ヘビからの贈り物を忘れないように、今宵、呟いてみたいと思った。

まず、フリマデビュー。
友人の経営している食堂の定休日を利用した地域密着型バザーのお誘い。
フリマ経験のない私は、本当にいらないモノをもって行ってしまい、
「私の本当にいらないモノは、他の人もいらない。」というシンプルな答えを学んだ。

そして、お金儲けじゃなくて、「使ってもらえるならこの服も喜ぶ」っていうスタンスや、
「私も自分で作ったものを販売してみたい!」という5歳の女の子や、
それをサポートするデザイナーのお父さんや、かなりステキなイラストをかく障害者の物販や、本当にステキだと思う友人の周りには、本当にステキな人たちが集まるんだなぁと思った。その一員にすこしなれた気がした私は、とてもハッピーだった。

途中、フリマで集まった100円玉を持って、ランチにいつものネギラーメンを食べに行った。

食べ終わったとき、いつもさらっと払う600円が、その日はとても愛おしく思えて、
支払う前に携帯で撮った。とても不思議な感覚。

ガラクタとはいえ、自分と一緒にいたモノたちを並べて、自分で接客をして、
ちょっと寂しい気もしながらその対価をもらって、そのお金で食べるラーメン。
愛おしくなるのは当たり前だよな!?っていうか、
自営業だったり、アーティストだったり、もちろん会社勤務の人の中にも、
こうゆう感覚を持ちながら、日々生きているのかもしれない。プライスレスなキモチ。

オーナーのキモチや、将来の自分が感じるかもしれないキモチを、
この日は感じさせてくれた気がする。
ありがとう、ウッチー。ありがとう、あのときのヘビ!

のこりの100円玉は、夕食のアボガドバーガーセットと共になくなった。
そして私の手元には2枚の写真が残った。
[PR]
# by cerise_de_vie | 2010-06-19 22:48 | ツブヤキ。